*

今年も開催される東京マラソンの都市伝説。「国家戦略説」

公開日: : 社会

 今年も東京マラソンが開催されます。2月22日(日)です。私は参加したことはないのですが、友人などが参加しており、身近な大会です。倍率がとても高いらしく、参加できるだけで幸運だそうですね。
 そんな東京マラソンにまつわる都市伝説があります。「やりすぎ都市伝説」という番組で島田秀平さんが紹介していましたが、「『大地震などの災害が起きたときにどのような人の流れができるか』のデータを取るために行われている」という話でした。バナナなど、多くの食べ物や飲み物が提供されますが、それも災害を想定してのこと。

「信じるか信じないか、あなた次第です」ということになりますが、もしそうだったとしても何ら不思議ではありません。
 たとえば、競馬がありますね。あれは、「優秀な馬を育てることが目的」、という話を聞いたことがあります。
 有事の際、車も電車も飛行機も使えなくなったとします。すると交通手段としては馬が考えられますね。そもそも自動車が発明されるまではそうだったのですから。そういう状況になることも想定して、種(しゅ)を絶やさないようにしているのです。もちろん資金は、ギャンブラーたちがまかなっています。これが偶然ではなく、誰かが考えたシステムだったとしたら本当に恐れ入ります。

「国家戦略」という言葉にはおどろおどろしいイメージがありますが、国や世界を司る人が数十年、数百年先を想定して戦略を考えているということは不思議でもありません。
 現在の資本主義を支配している少数の人々の話をある本で読んだことがありますが、彼らは私腹を肥やすことに汲々としているわけではありません。「数百年後の社会はどのようになるだろうか」、ということを考えながら、「今、どうすべきか」を考えているのです。
 彼らからしてみたら、数年先のこと、まして自分の老後のこと、そんなことしか考えられない人たちに一国を任すことなど到底できないことなのです。

 また、東京マラソンには、「風水によってコースが作られている」という都市伝説があります。かつて、東京の礎である江戸を築いた徳川家。初代徳川家康は風水によって江戸を作った、とする研究もあります。またいずれ書きたいと思います。
 
 

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人生半ばのおススメ動画 やはりボクシングはいいね

【37年ぶりの快挙!】伊藤雅雪 KO集&世界戦ハイライト Ultima

28年目の甲子園がオススメ!幸せってここにある

【送料無料】[枚数限定]アゲイン 28年目の甲子園 Blu-ray/中

「空振り」は?メジャーリーグ英語

「チェンジアップ」でいろいろ動画を検索していました。 メジャーリーグ

元警察官が教える「逮捕」とは?

私は元警察官です。といっても一年も勤まりませんでした。 そんな私

「ラグビー」は?たぶん笑っちゃうフランス語

特に固有名詞など、外国語なんだけどそのまま日本語で読む、たとえば「マク

→もっと見る

PAGE TOP ↑